自然

更新日:2022年03月25日

自然豊かな巨木王国・大蔵村には、樹齢数百年を数え、日本一を誇る巨木や名木が多くあります。
赤松地区にある岩神権現のクロベは樹高25メートル、幹周12.2メートルにも達する巨木で、日本最大級のものです。また、白須賀地区のミズコナラはミズナラとコナラの雑種で、樹高15メートル、幹周6.5メートルで、全国の巨樹の中では唯一のミズコナラです。
このほかにも、光明寺にあるキャラボクや赤松の岩神権現杉など、村内には長い歴史を静かに見守ってきた貴重な巨木・名木が植生しており、これらの巨木・名木は大蔵村指定文化財(天然記念物)となっています。

岩神権現のクロベ(日本最大級)

岩神権現のクロベの写真

田園をみおろすように大枝を広げて斜面に立つ巨大クロベ。

大蔵村赤松 村指定天然記念物

  • 幹周/12.2メートル(主幹6.42メートル)
  • 樹高/25メートル
  • 樹齢/数百年
  • 種類/クロベ

白須賀のミズコナラ(日本一)

白須賀のミズコナラの写真

ミズナラとコナラの雑種で極めて珍しく全国の巨樹の中では唯一のミズコナラです。

大蔵村白須賀 村指定天然記念物

  • 幹周/6.5メートル
  • 樹高15メートル
  • 樹齢/数百年
  • 種類/ミズコナラ

岩神大権現杉

岩神大権現杉の写真

この大きな杉に権現様の姿を見て、この地で長く修行したと伝えられています。岩神権現のクロベ隣に立っています。

大蔵村赤松 村指定天然記念物

  • 幹周/7.10メートル
  • 樹高27メートル
  • 樹齢/250年以上

この記事に関するお問い合わせ先

大蔵村教育委員会・大蔵村中央公民館
電話番号:0233-75-2323
ファックス:0233-75-2336
お問い合わせはこちら