観光案内

食・特産品

土産品

大蔵村には、人々の温もりと自然の滋味が詰まった名産品があります。

おおくらほんもろ娘

コイ科の中でも最も美味とされ美しい高級淡水魚として知られている「ホンモロコ」を、大蔵村の休耕田を利用して、娘のように大切に大切に育てあげ、甘辛く上品に煮込んで甘露煮にしました。

大蔵わさび「雪葵」加工品

天然湧水「升玉の清水」を利用して、完全無農薬・無肥料で栽培した香味豊かなわさび「雪葵」を使用した加工品。一つひとつ丁寧に手作りしています。酒の肴やご飯のお供にぴったりです。

小屋酒造の地酒

一貫して地元の米とこんこんと沸き出でる清冽な清水を用い、伝統の技を大切に醸造されたお酒です。東北最古の造り酒屋と言われる小屋酒造の歴史は400年を越え、まろやかな味わいの奥に歴史を感じます。

さらさら純とま

大蔵村産の完熟ミニトマトのみを使い、丁寧に搾りました。自然な甘さでさらさらとした飲み口のトマトジュースはもちろん無添加・無着色。赤ちゃんからお年寄りまで安心してお楽しみいただけます。

そばアイス

大蔵村産の玄そばを使用しました。そばの実入りでサクサクの食感が楽しめ、コクのある甘さとそばの風味が香ばしいアイスです。長野県木曽町開田高原の(有)エイチ・アイ・エフとの共同開発しました。

そば花林糖(砂糖味・塩味)

ふるさと味来館のお母さんたちが、手打ちそばに使用している大蔵村産のそば粉を使ったお菓子をつくりました。そばの味と香りを十分に生かしています。ほかにもそばあげ、もち粉を使ったふんわり甘いあられこがあります。

そばクッキーおおくら君

工房のままちゃんたちが、村名産のそば粉を使い、そばの風味豊かなクッキーを作りました。大蔵村に冬になると登場する巨大雪だるま「おおくら君」をかたどった、その名も「そばクッキーおおくら君」。一つひとつ手作りのため、表情豊かでかわいい形はお子様にも大人気!

とちの実もち

とちの独特な風味がクセになる、昔ながらのおやつです。餅の中に入った小豆が食感のアクセントになっています。

トマトアイス

大蔵村産のトマトを使用しました。トマトの香りと酸味のバランスがよく、すっきりとした後味のアイスです。

肘折カルデラサイダー、トマトサイダー

カルデラ温泉館で自然湧出する天然炭酸泉を配合したサイダー。大蔵村産トマトを使ったトマトサイダーもあります。すっきりとした飲み心地で、お風呂上りにぴったりです。

肘折こけし

鳴子と遠刈田、二つの流れを汲み、100年以上の歴史をもつ肘折こけし。
胴は鳴子系で肩の張ったものが多く、描彩は遠刈田系が濃いなかに、柔らかな表情と個性的な目元とくちびるなど、肘折独自の風格をもっています。

【鈴木征一:作】

柿崎伝蔵一派の系統で、奥山庫治に師事し、現在ただ一人の工人として、肘折こけしを今に伝えています。
鈴木さんが手がけるこけしは、顔がふっくらと丸く、胴体には菊やなでしこの鮮やかな模様が描かれています。また、肘折系に多いガラ入り(頭をくり抜いて乾燥させ、小豆などを入れたもの。振るとマラカスのように音が鳴ります)のこけしの製作など、伝統を守りながら黙々とこけしづくりに情熱を傾けています。

ほていまんじゅう

ほていやオリジナルのおまんじゅうは、黒砂糖の入った薄皮がたっぷりなあんこを包む、素朴でまろやかな味。肘折温泉で永年愛されている名物です。

山菜

自然の宝庫、大蔵村の山菜は、山ウド、タケノコ、シドケ、ワラビなどその時の旬を十分に味わえる逸品ばかり。

口のなかにフワリと広がる季節の香りが何ともいえないおいしさを誇る。きのこも秋の風物詩として親しまれています。

湯の花

家庭で温泉気分が味わえる湯の花。

粉末をサラサラと湯船に入れるだけで、肘折のあたたかいお湯が再現できます。