○大蔵村下請等共同作業所の設置及び管理に関する条例

昭和55年9月18日

条例第14号

(目的)

第1条 この条例は、地域農林業者の生活向上を目途として必要な共同作業を行い自主的な経済活動の促進を図るため、山村振興法(昭和40年法律第64号)の趣旨に基づき、次に掲げる地域に下請等共同作業所を設置し、その管理運営に必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び設置場所)

第2条 名称及び設置場所は、次のとおりとする。

名称

場所

大蔵村下請等共同作業所

大蔵村大字南山3899番地の2

(活動の内容)

第3条 大蔵村下請等共同作業所(以下「共同作業所」という。)は、その目的を達成するため次のことを行う。

(1) 従業する者の技術の取得及び研修

(2) 共同生産及び共同加工並びに製品の販売

(3) その他必要な事項

(委任)

第4条 共同作業所の管理運営に必要な事項は、別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

大蔵村下請等共同作業所の設置及び管理に関する条例

昭和55年9月18日 条例第14号

(昭和55年9月18日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
昭和55年9月18日 条例第14号