くらしのガイド

「新しい生活様式」での熱中症予防行動について

2020年6月2日
新しい生活様式

令和2年5月4日の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議において「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」が示されました。新型コロナウイルスの出現に伴い、今後は、一人ひとりが感染防止の3つの基本である①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。
 このように、今夏は、これまでとは異なる生活環境下で迎えることとなりますが、一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント

1 暑さを避けましょう

2 適宜マスクをはずしましょう
 3 こまめに水分補給しましょう
 4 日頃から健康管理をしましょう
 5 暑さに備えた体作りをしましょう
 ※高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。3密
(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

 

詳しくは「令和2年度の熱中症予防行動(PDFファイル)」をご覧ください。