くらしのガイド

税金

納付月と納税方法

大蔵村税納期限

税目

期別

5月

軽自動車税

固定資産税

全期

1期

6月

村県民税

1期

7月

固定資産税

国民健康保険税

2期

1期

8月

村県民税

国民健康保険税

2期

2期

9月

固定資産税

国民健康保険税

3期

3期

10月

村県民税

国民健康保険税

3期

4期

11月

固定資産税

国民健康保険税

4期

5期

12月

村県民税

国民健康保険税

4期

6期

1月

国民健康保険税

7期

延滞金について

(利率)

納期限までに税金が完納されないときは、その翌日から税金完納の日までの期間の日数に応じ税額(1,000円未満の端数があるとき、又はその全額が2,000円未満であるときは、その端数金額又は全額を切り捨てます。)に年14.6パーセント(納期限の翌日から1月を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合(当該年の前年に租税特別措置法第93条第2項の規定により告示された割合に年1パーセントの割合を加算した割合(以下「特例基準割合」という。)が年7.3パーセントの割合に満たない場合には、その年(以下「特例基準割合適用年」という。)中においては、年14.6パーセントの割合にあっては当該特例基準割合適用年における特例基準割合に年7.3パーセントの割合を加算した割合とし、年7.3パーセントの割合にあっては当該特例基準割合に年1パーセントの割合を加算した割合(当該加算した割合が年7.3パーセントの割合を超える場合には、年7.3パーセントの割合)とします。)を乗じて計算した額の延滞金を徴収します。この場合における閏年の日を含む期間についても、365日当たりの割合です。

 

延滞金を計算し、確定金額に100円未満の端数があるときは、端数金額を切り捨てます。また、その全額が1,000円未満であるときは、その全額を切り捨てます。

納税は口座振替が便利です

口座振替をご利用になると、安心・便利です

納付のために、わざわざ金融機関などにお出かけになる手間が省けますし、うっかり納め忘れる事がなくなり、延滞金等がかかる心配がありません。

一度手続きをすると、翌年度以降も継続されます。

ご利用できる村税

個人村県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税

その他には、水道使用料、下水道使用料、浄化槽使用料、村立保育所保育料、介護保険料、村営住宅使用料、後期高齢者医療保険料も口座振替が利用できます。

 

◇ご利用できる金融機関など

  • 村内・・・山形もがみ農協大蔵支店、荘内銀行おおくら支店
  • 新庄市内・・・山形銀行新庄支店、きらやか銀行新庄支店、新庄信用金庫
  • 郵便局・・・すべての郵便局
お申し込み手続き

上記の金融機関などに、三枚複写式の申し込み用紙を準備しています。

所定事項を記入、押印の上、預金口座のある金融機関または郵便局の窓口に提出してください。

振替開始期日

申し込み期日

開始日

1日~20日

翌月から

21日~月末

翌々月から