くらしのガイド

出産・子育て・教育

ひとり親家庭等医療制度

ひとり親家庭等の生活を助けるため、医療費の自己負担分を助成する制度です。

対象者

所得税非課税世帯に属する下記1~4の方(ただし、親が就労等により児童を扶養していることが必要です)

  1. 母子家庭世帯の親と18歳以下の児童
  2. 父子家庭世帯の親と18歳以下の児童
  3. 両親のいない18歳以下の児童
  4. 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(DV防止法)」第10条第1項の規定による保護命令を受けた者の配偶者と18歳以下の児童

なお、次の特別な理由により就労が困難な場合も対象となります。これらに該当する場合は、申請書のほかに証明書等が必要です。

  • 求職活動又は就労に向けた活動を行っている場合
  • 職業能力の開発向上のために職業訓練校等に在籍している場合
  • 傷病により長期間(概ね1か月以上)の在宅での安静又は入院が必要な場合
  • 親族が傷病、障がいの状態又は要介護状態にあり、その方の介護を行わなければならない場合

助成の内容

健康保険適用医療費の自己負担分全額を助成します。ただし、入院時の食事代は助成されませんので、自己負担する必要があります。

助成を受けるためには、対象者に対して交付される「ひとり親家庭等医療証」と保険証の両方を、医療機関の窓口で提示する必要があります。

提示しない場合は、自己負担になりますが、受け取った領収書を役場住民税務課国保年金係にお持ちいただくと、自己負担分を助成します。

また、「ひとり親家庭等医療証」は山形県内でのみ使用可能ですが、県外で受診した場合には、領収書を役場担当係にお持ちいただくと、自己負担分を助成します。

申請手続きについて

ひとり親家庭等医療給付制度は毎年7月1日が更新日になっています。

それに合わせて、該当すると思われる方にはご案内を差し上げますので、案内に従って手続きをお願いします。案内が届かなかった方でも、ご自分で該当すると思われる場合には、お申し出ください。