くらしのガイド

健康・医療・福祉

骨髄ドナー・がん対策

骨髄移植ドナー助成事業

骨髄移植ドナー自身の負担を軽減し、骨髄提供を推進するとともに、これまでドナー休暇制度等休業補償がないことを理由にドナー登録を躊躇している村民に対し、ドナー登録のしやすい環境を整備することを目的とし、(公財)日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄・末梢血幹細胞を提供した村民に対し助成金を支給します。

助成対象者  (いずれの要件にも該当する方)

・骨髄等の提供が完了した日に村内に住所を有している方

・他の法令等により助成費に相当する補助金その他これに類するものの交付を受けていない方

・骨髄等の提供を行うための休暇制度が導入された事業所または事務所に勤務していないこと

・村税の滞納がない方

助成内容

・骨髄提供に係る通院又は入院の日数に、1日あたり2万円を乗じた額とし、1回の骨髄等の提供につき14万円を上限とします。

 

 

詳しくは、下記をご覧ください。

平成30年度大蔵村骨髄移植ドナー助成事業費交付要綱(PDFファイル)

がん患者医療用ウィッグ購入助成事業

 がんになっても、これまでどおり安心して暮らし続けられる社会を構築するため、がん患者の治療と就労の両立、療養生活の質の向上にむけ、がんの治療に伴う外見の悩みに対して支援することを目的に、がん患者医療用ウィッグ購入経費の一部を助成します。

助成額

1人につき、2万円またはウィッグ購入経費の2分の1の額(ただし、いずれか低い額)

 

詳しくは、下記をご覧ください。

平成30年度大蔵村がん患者医療用ウイッグ購入助成事業実施要綱(PDFファイル)