くらしのガイド

山形県にUターンする方の奨学金の返還を支援します

2021年7月16日

やまがた就職促進奨学金返還支援事業

 山形県及び県内市町村では、将来の担い手となる若者の県内回帰・定着を促進するため、一旦県外で就業した若者が、県内にUターンし就業・定住した場合に奨学金の返還を支援する事業の対象者を募集します。

応募資格

次のA又はBのいずれかに該当する方で、かつ1~5すべての要件を満たす方が対象です。

 

山形県内に居住しながら県内の高等学校、特別支援学校高等部、専修学校高等課程を卒業し、次の日本国内に所在する大学等を卒業した方

ア 大学院(修士課程及び博士課程前期も含む)

イ 大学

ウ 高等専門学校(第4,5学年及び専攻科に限る)

エ 短期大学

オ 専修学校専門課程

カ 山形県立産業技術短期大学校、同庄内校、山形県立職業能力開発専門校

 

県内に所在する大学等を卒業した方

 

1.大学等在学中に、次の奨学金の貸与を受けていた方で返還残額がある方

ア 日本学生支援機構第一種奨学金

イ 日本学生支援機構第二種奨学金

ウ 県内市町村が実施する奨学金

 

※1市町村によって対象の奨学金が異なります。一覧表でご確認ください。

  市町村対象奨学金一覧(PDF:125KB)

※2県内に居住・就業を開始する前に返還が終了する場合、支援額は0円となりますのでご留意ください。

 

2.申請日の属する年度の末日において35歳以下であること

3.大学等卒業後、県外において就業の実績があること

4.申請時点で県外に居住しており、かつ県内で就業していない方

5.申請日以降、令和4年10月31日までに山形県内に居住かつ正規雇用として就業し、その後5年間以上継続する見込みの方

募集期間

令和3年7月15日(木)~8月31日(火)

募集人数

県内全体で40名(募集人数を上回る応募があった場合は、書類等による選考)

助成金額

助成候補者の方が県内に居住・就業後3年の間に奨学金の貸与機関に返還した額とし、上限を60万円とします。

※申請した市町村と実際に居住した市町村が異なる場合は、支援金額が2分の1に減額となります。

応募方法と必要書類

次の書類を大蔵村総務課政策推進係まで提出ください

 

Uターン促進枠 認定申請書(wordファイル)

 Uターン促進枠 認定申請書(PDFファイル)

 【記載例】Uターン枠認定申請書(PDFファイル)

②高校等の卒業証明書又は卒業証書の写し(県外大学等の卒業者のみ)

③大学等の卒業証明書又は卒業証書の写し

④住民票の写し(マイナンバーの記載のないもので申請日前1か月以内に発行されたもの)

⑤県外での就業実績が確認できる書類(在職証明書、退職証明書等)

⑥奨学金貸与証明書

⑦奨学金返還証明書(申請日前1か月以内に発行されたもの)

募集に関する詳細

Uターン促進枠チラシ(PDFファイル)

Uターン促進枠募集要項(PDFファイル)

Uターン促進枠様式一式(wordファイル)