くらしのガイド

罹災・被災証明の申請と交付について

2020年8月8日

罹災(りさい)・被災証明の申請と交付について

村では豪雨災害により被災した住家に対して被災の程度を証明する「罹災(りさい)証明」と家屋や家屋以外の工作物等の被災の事実を証明する「被災証明」の申請の受付と交付を行います。

罹災(りさい)証明書
 自然災害による住家(居住のために使っている建物)の被害程度を示す証明書です。家屋被害状況について「災害に係る住家の被害認定基準運用指針(内閣府)」により現地調査を行い、「全壊」「大規模半壊」「半壊」「準半壊」「準半壊に至らない(一部損壊)」の5段階で判定します。
 
※家財道具や納屋、倉庫、車庫、門、塀などは対象になりません。
 
申請に必要な書類
②印鑑
③本人確認ができるもの(運転免許証等)  
(同居の親族以外の方が申請する場合は委任状をご持参ください)
被災証明
 自然災害による物件等の被害について写真等で確認し、被災者が被災の状況を村に届け出たという旨を証明するものです。罹災(りさい)証明書の対象外である家財道具や倉庫、車庫などの物件の被害についても発行します(各種保険の請求や勤務先の公休などを申請する際などに必要となる場合があります。家財保険の保険金や見舞金の請求には、証明書が不要の場合が多いため、事前に関係する機関にご確認ください)。
 
申請に必要な書類
②被災状況がわかる写真(基本、現地調査を行いませんので、必ず提出ください)
③印鑑
④本人確認ができるもの(運転免許証等)
(同居の親族以外の方が申請する場合は委任状をご持参ください)
申請の受付・交付
開始日:令和2年8月12日(水)
場所:大蔵村役場